日本人が知らなきゃ恥ずかしい国際マナー:挨拶・握手・紹介ルール・ネットワーキング・会話・ソーシャル・ビジネス

日本人は国際マナーを殆知らない人が多く、また、知らない事を知らずに恥をかいてしまうこともあります。

まずは知っておこう 国際常識を知らない怖さ

いくら仕事ができたり、良い役職についていても、国際常識に無頓着の人が、外国へ行くと知らずと周りを不愉快な気持ちにさせてしまったり、知らずと恥をかいていたり、更には、ビジネスの不調へも繋がっています。

国際常識に無頓着な理由は、まずは当然のことながら、日本は大陸とは遠く離れている島であるため、「常識知らず」の危機を感じる機会がなく、英語であれば、「できた、できていない」が明確であるため、学ぶ気持ちになりますが、周りが教えてはくれない「常識」に関しての必要性を、実感できる機会が少ないからです。

けれども、日本国内同様、常識ができる人はできていない人を指摘することはありません。心の中で「この人は常識がない人」と思うだけです。

実際に、国際交流の多い私は良く、こんな事を耳にします。

「日本人は何故これができないのだ?」

「日本人は何も知らないのか?」

「日本人は礼儀正しいと思っていたのだが、こんな事があった」

日本への良いイメージとは裏腹に、思わぬ常識知らずの日本人の態度には、幻滅と批判の声も多くあるのが現状です。


日本の常識は世界の常識だと信じている

「日本の常識は世界の常識だ。」心のどこかにその意識はあるとも言えます。

例えば、握手の重要性を知らない日本人は、お辞儀をすれば通じるだろう、と勘違いします。「大した問題ではない」と信じます。ところが、それがとてつもなく失礼になることもあるのです。

国際的な場所では、「自分と握手をしなかった人」特に宗教心の強いわけでもない先進国の日本人が握手をしない行為は、「拒否」を表し、大変失礼です。ですが、本人は丁寧にお辞儀をしたから良いと思っている、そんな場面がこの時代でもあります。

何も考えずに、表現したボディランゲージや、目線の位置、「アイコンタクト」をしているつもりがいやらしい目つきに思われたり、笑顔で接しているつもりが、「ニヤニヤして変な人」と思われたり、紹介順番を間違えて、「なんて失礼な人なの?」と思われたり、西洋人なら下の名前が良い、と勘違いして、性を呼ぶべき人を名前で呼んでしまったり、などが頻繁です。

これらの失敗をしても、「知らなかったで許してくれるはず。許さないほうがおかしい。」そう信じているのが日本人です。


「企業」ではなく「個人」でビジネスを判断される

application-1756282_1280

しかし、特に西洋においては、「企業」ではなく、「個人」をみて全てを判断するため、「この人は常識がないな」=「この人の企業には仕事が頼めないな」という感覚を持たれます。

彼らは、その企業の前に、目の前に立つ人をみて、全てを判断します。

それは、このようなことです。

  • 服装は?
  • 歩き方は?
  • 挨拶は?
  • 握手はちゃんとできているか?
  • 声の大きさは?
  • スモールトークの内容が不快ではないか?
  • 目線は?
  • ボディランゲージは?
  • 会議の姿勢は?
  • 仕草は?
  • 一般常識は?(国際)
  • 食事の仕方は?
  • 会話は?

内容を聞く前に、これらを感覚で受け止め、その人をとっさに判断するため、この時点で失敗をすれば、いくら良いことを言っていても信頼されません。

第一印象は出会って3秒で決められ、全てを判断されます。

日本人は、その辺りは寛容で何でも受け入れてしまうため、「自分が受け入れられないことがある」と信じられないかもしれません。

一度誤れば修復は難しいと言えます。何故ならば、外国人は日本人ほど柔軟ではない事が一般的なので、第一印象で「これ」と思えば、感じれば「これ」であるのです。

英語とともに学ぶべきものは 国際マナー・国際常識

いくら英語を勉強して会話をしても、

ギクシャクして自信が持てない、

海外とのやり取りは苦手、

英語はわかるのに、話せない、使えない

英語は必須ですが、実はこの問題は「国際常識」を知らないだけなのです。

 

「国際マナー」を学ぼう、と検索してみると、いくつかスクールが出てきます。しかし、ここでまた気をつけなければいけないことがあります。

それは、「偽物」の存在です。ビジネスや国際教養としての真剣な学びの場所は非常に数少なく、当校は、国際認定も受けている日本唯一の総合学校です。

国際常識を「今すぐ」に学ぶこと

日本唯一の総合学校はこちら

 

お問い合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

送確認メールが届かなければ、contact@icpa-in.com までご連絡ください。Please check your inbox and confirm.

 
Marketing by

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *