2022年より、企業研修・大使館研修を強化しています。

2022年、ICPAは、企業研修・大使館研修に力を入れております。

2022年、ICPAは、企業研修・大使館研修に力を入れております。

ICPAの事業背景

ICPAは、元々、「グローバル人材育成事業」として、2018年に設立されました。当初、企業研修を行なっておりましたが、その頃は個人講座に集中して、講師養成を目指して、各種講座を行なっておりました。

2019年、英国で、国際マナーとクロスカルチャーのスペシャリストとして認定資格を取得し、ICPAの講座の質が向上しました。4つの講座カテゴリーから、一般向け講座を開講しました。

2020年、コロナ禍の中は、講座をオンライン化したり、登録する生徒との距離を縮める方針で行ない、また、グローバルパートナーの関係構築と、講座の質の向上に特化してまいりました。同時に、英国王室の元関係者が創業者である、イギリスのプロトコール専門校との提携により、一気に、その質を上げました。

ICPAは、日本唯一、国際水準のグローバルスキルを総合的に学べるスクールとなりました。

専属国際認定

2021年、グローバルでVIPのプロトコールエグゼクティブ団体、Leading Etiquette and Protocol Schools of The Worldに日本唯一で専属認定を受け、他、4カ国と共に、強力なグローバルネットワークを通じて、最新情報を入手し、互いに、クライアントを手助けしながら関係構築を行い、2021年からは、英国企業のプロジェクトに関わっています。プロジェクトについて

LEPSWには、ロイヤルウエディングや国賓晩餐会などの企画運営を担当する専門家も所属し、普通には入手できない情報の伝となっています。

大使館研修・役員研修には国際プロトコール

国際プロトコールの専門校として、特にお役に立てる団体様は、企業様や大使館様です。

プロトコールは、外交のルールですので、大使館様は勿論ですが、グローバルに活躍される企業様では、特に役員様には必須の学びであります。

グローバル社会に必須のスキル(異文化理解理論)は社員教育

国際プロトコール他、ICPAでは、クロスカルチャーコミュニケーション、いわゆる異文化理解理論のプログラムも充実しています。

グローバルチームを持つ企業では、文化の違いによるトラブルが絶えない事でしょう。マネジメント以上の社員には、こちらの教育が必須となります。

単なる文化の違いだけではなく、それにより持っている感情が異な理、常識が異なると、対応方法を変えるほかありません。

ICPAのビジネスクロスカルチャープログラムは、国際ビジネスマナー・国際ビジネスプロトコール・異文化理解理論(クロスカルチャー)の課題をコースとして、完全な総合学習ができるようになっています。

こんな企業様・大使館様へ

  • 海外進出のある企業様
  • マルチカルチャーマネジメントにお悩みの企業様
  • 海外からの受け入れのある企業様
  • 国際プロトコールを大使館スタッフへ指導する必要のある大使館様
企業・大使館研修について
EnglishJapanese

4月コース開始!英語個人講座募集中!

ニュースレター登録

友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。