日本インターカルチュラルプロトコルアカデミー-ICPA

今日の新しいグローバル世界に向けてグローバル コミュニケーション スキルを向上させましょう

国際的なプロトコール、グローバルなエチケット、そして日本のエチケットとプロトコールで、あなたの世界的な成功を目指しましょう!

対応可能な言語は英語または日本語です。

国際プロトコールアカデミーICPA

グローバルな成功に向けて英語とともに総合的なグローバル能力をマスターしよう!

国際プロトコール、グローバルマナー、異文化理解の知識とスキルは、英語よりもパワフル?

グローバルコミュニケーション力を高めよう!

日本最高峰国際認定国際プロトコールスクール

国際プロトコール認定協会による認定

世界5か国のみの選ばれた団体が加盟できる協会より日本専属で国際認定

ICPAが選ばれる理由は何ですか?

日本唯一の国際プロトコールスクール

1

包括性と柔軟性

ICPA は、各クライアントの独自のニーズに対応するため、オーダーメイドの専門的で総合的なグループ プログラムと個人指導を提供しています。

2

プロフェッショナリズムと国際性

ICPA は、異文化理解の理論に基づくグローバル教育を提供するだけでなく、東洋と西洋の文化を融合した国際プロトコールの指導にも定評があります。

3

専門性の高い研修

ICPAでは、大使館・行政機関・企業等への研修サービスや専門講師の研修・派遣を行っております。

ICPAの実績

受講生・クライアントの声

言語を超えて世界で必要とされるグローバルコミュニケーションスキルとは?

グローバル社会で必要不可欠だと思う能力は何でしょうか。多くの人が言語能力が最も重要だと主張するかもしれません。しかし、言語はあくまでもツールに過ぎないことを認識することが大切です。言語の習得だけで国際コミュニケーションの有効性を評価することは難しいのです。そのため、言語能力と並んで「人間力」の必要性を説く人が多いのです。

では、この人間力とは一体何なのでしょうか。具体的にどのような能力が求められているのでしょうか。

グローバルな文脈での人間力には、共感力、思いやり、異文化理解、適応力、協調性などが含まれます。これらは重要であるにもかかわらず、生まれ持った資質だと考える人もいます。

これらのスキルを身につけるためのガイドラインがあったらどうでしょうか。そのようなガイダンスがあれば、これらの資質を培うことに伴う困難を和らげることができるかもしれませんね。

その通りです。ここで、国際プロトコル、国際マナー、異文化理論の出番となります。

これらの分野で能力を高めることで、丁寧さを向上させるだけでなく、国際的なやり取りを円滑に進めるために不可欠な人間力を磨くことができるのです。

次のようなシナリオを考えてみましょう。ある国で期待されていることの基本的な理解はあるかもしれませんが、それらの期待を詳細に実行することは必ずしも簡単ではありません。オンラインの情報があっても、正しい行動を見極めることは難しいかもしれません。

そこで役立つのが、当校、国際プロトコールアカデミーICPAです。

ICPA は、日本で唯一の国際的に認定されたスクールであり、国際マナーとプロトコールにおけるアジア最高の教育機関です。ここでは、優雅な振る舞いの技術を学ぶだけでなく、異文化交流の中で様々な状況に対処する方法を学び、異文化理論を深く掘り下げることができます。後者は、言語学習だけでは得られない、様々な文化のニュアンスを理解するのに非常に役立ちます。

さらに、ICPA は日本文化、エチケット、ビジネスマナーを理解したい外国人にもその教えを広げています。

もしもあなたが国際舞台で成功したいのであれば、ぜひ、国際プロトコールアカデミーICPAのクラスに参加してみてください。

グローバルマナーとプロトコールをマスターしグローバルな能力を高めよう

学び、インスピレーションを与えよう

最新ニュース

世界的な専門家とパートナー

アイマン・アリー・カメル

アジア、オーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸島担当次官補

アジア、オーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸島担当次官補

ICPAの名誉後援者

ウィリアム・ハンソン

イングリッシュ・マナー

英国パートナー

"もし、何かが正しいかどうか迷うことがあれば、私の黄金律は「迷ったら、しないこと」です。"

ジミー・ビール

The English Education

イギリス留学

コンサルタント業

記事一覧

グローバルなコミュニケーション能力を高める

ニュースレター登録