AIが言語を交わすグローバル時代:「人間力」が全てを変える 異文化交流と国際マナー

英語のスキルがますます一般的になってきていますが、個人を区別するのは言語能力ではなく「人間性」です。 礼儀正しさ、上品さ、コミュニケーション能力などを表現する手段として、国際的な礼儀作法や儀礼、異文化理論などを学ぶ意義があります。

2020年の新型コロナウイルスによる世界の変化、2021年のITの急速な成長、そして2023年のAIの急激な発展と、グローバル化が急速に進行しています。言語はAIによって処理されるのが当たり前の時代になっています。

ほとんどの作業がAIによって行われるようになり、言語のスキルだけでは十分に評価されなくなります。英語が話せるだけでは、目立つことも難しくなります。グローバル化の潮流が急速に進む中で、AIが言語を交わす時代が到来しました。AI時代において、AIが情報処理に優れている一方で、人間力こそが結果を大きく左右する要因となっています。そして、その人間力を示すものが、国際マナー、プロトコール、異文化理論の学問に秘められているのです。

なぜ、AIの時代だからこそ、仕事でもプライベートにおいても、これらの学びが活かせるのかを説明しましょう。

「人間力」と「人間知能(AI)」の違い

感情と共感力

AIはデータとアルゴリズムに基づいて行動しますが、感情を持ちません。一方、人間は感情を理解し、共感する力を持っています。

ビジネスの場面では、感情と共感力は顧客やチームメンバーとの関係を築き、信頼を構築するために不可欠です。例えば、顧客サポートにおいて、AIが対応しても感情や共感を伴わない対応では顧客の信頼を得ることが難しく、信頼を失うこともあります。

また、プライベートの関係においても、友人関係や家族関係では感情と共感力が深化を促し、信頼関係を構築します。友達や家族が感情的なサポートを受けることで、絆が強まります。

人間は、人の感情を理解し、共感することで、信頼を築くことが可能で、感情の変化で想定外の展開を招くこともあります。AIが持たない、人が持つ感情と共感力は人間関係の基盤を形成し、豊かな関係を築くために不可欠なのです。国際マナーは、その感情と共感力を示すために、有効に利用されます。

非言語コミュニケーション(ボディランゲージ)

現代のAIはテキストベースのコミュニケーションに特化していますが、非言語コミュニケーションも同様に重要です。ジェスチャーや表情、声の調子、振る舞いなどは、情報伝達において鍵となり、誤解を減らし、関係性を強化します。ビジネスでの効果的なコミュニケーションは、言葉以上に影響を及ぼします。

ビジネス上の状況例では、非言語コミュニケーションは顧客との信頼構築や効果的なプレゼンテーションに不可欠です。セールス担当者やプレゼンターが表情やジェスチャーを活用することで、相手に自信と共感を伝え、関係性を強化します。

プライベートな場面でも、デートなどの非言語コミュニケーションは感情や親密さを表現し、関係を深める手段となります。笑顔や身振り手振りを通じて、相手に愛情や興味を示すことで、素晴らしい関係を築くことができます。AIは、その動きを分析して真似することはできるでしょう。しかし、そこに生じる「阿吽の呼吸」を再現することは、現代では不可能であるはずです。

ボディランゲージには、人間が司る「空気の交換」が関与しているのです。そして、この科学を国際マナーや振る舞い方法から学び、正しいメッセージを相手に伝えられるのが人間です。

問題解決力

AIは特定のタスクに対してプログラムされたアルゴリズムに従いますが、人間は複雑な課題や未知の状況に対処できます。ビジネスおよびプライベートの両面において、ほとんどの課題は人間関係に関連しています。その解決には、予測不能な課題や新たな機会に対応する柔軟性が必要です。問題解決力を持つ個人は、社会全体において欠かせない存在です。

ビジネスの状況では、クライアントの特別な要望に応える必要があります。例えば、ある広告代理店がクライアントの新しい広告キャンペーンを展開し、独自の要望を持っている場合、AIは過去のデータから広告コピーを生成するのに役立っていますが、クライアントの要望は特別であり、これまでのプロジェクトと異なります。この場合、クリエイティブな広告コピーを作成するために、人間はクライアントの要望を理解し、アイデアを考案する必要があります。

また、プライベートな場面においても問題解決力が重要です。家庭内では様々な課題が発生し、人間関係の円滑な維持が求められます。たとえば、家族のスケジュール調整やコミュニケーションの改善など、AIではなく人間の感受性と調停力が必要です。プライベートな状況でも問題解決力を発揮することは、幸福な生活を築く上で不可欠です。

国際マナーや異文化理論を科学的に学ぶ事で、より理論的に人の感情を理解し、それを分析できるのは、人間だけです。

国際的な文化理解

現代のビジネス環境では、国際的な文化理解がますます重要です。異なる国や文化での取引やコラボレーションが増えるにつれて、異なる文化間でのコミュニケーションやビジネス取引に対する理解が求められます。

AIは言語翻訳や文化の特徴を把握することができますが、実際の国際ビジネスや対人関係では、人間の文化的な感受性と適応力が不可欠です。異なる文化背景を尊重し、適切なコミュニケーションスキルを持つ人間が、国際的な関係を構築し、成功を収めるのに貢献します。

この時に役立つのが、国際マナーやプロトコールです。AIでは再現できない行動を人だからこそ行う事ができ、信頼を構築できるのです。

倫理と価値観

倫理と価値観は、ビジネスおよびプライベートの両方において、行動や決定に大きな影響を与えます。AIはプログラムされたガイドラインに従って行動しますが、倫理的なジレンマや価値観の違いに対処する能力は持っていません。

人間は自己認識と倫理的な判断力を備え、価値観に基づいて行動し、他の人と協力する際に倫理的な決定を下すことができます。倫理的な責任感と価値観の調整は、ビジネスや個人の成功において不可欠です。また、倫理的なリーダーシップや社会的責任感を持つことは、組織やコミュニティにとっても重要です。

このような、「心の通ったコミュニケーションやプロセス」こそが、違いを生み出すものです。

まとめ: AI時代における「人間力」の重要性

AIは情報処理に優れていますので、情報収集や効率的な作業には役に立つでしょう。けれども、感情や非言語コミュニケーション、人間らしい魅力には及びません。これからの時代において、個人の人間性が差別化を生み出し、信頼を築き、多くの成果をもたらす鍵となります。

英語のスキルはますます一般的になりつつあり、差別化を図るのは言語能力ではなく「人間性」です。礼儀正しさ、教養、コミュニケーションスキルなどが、その表現方法となり、国際マナー、プロトコール、異文化理論の学習の意義はここにあるのです。

最新情報を入手するには、ニュースレターを購読してください。

ニュースレターを購読する

日本インターカルチュラル・プロトコル・アカデミーの詳細をご覧ください

今すぐ購読して読み続け、完全なアーカイブにアクセスしてください。

続きを読む

ニュースレター登録