ICPAニュース

トヨタ創業家子孫率いる「豊⽥TRIKE株式会社」様の新事業へ向けた国際プロトコール グローバルエグゼクティブ役員研修を実施!

国際プロトコールとは、グローバルで活躍する企業にとって、組織を形成するためにも必須の教養であり技術である

国際プロトコールとは、グローバルで活躍する企業にとって、組織を形成するためにも必須の教養であり技術である


-学院⻑村⽥セシリア真理-

ICPA国際プロトコール株式会社が運営する国際教養プロトコールアカデミーICPA(東京、創立学院長:村⽥セシリア真理)は、豊⽥TRIKE株式会社、豊⽥美佐⼦社⻑、豊⽥浩之副社⻑、アジア開発キャピタル株式会社、アンセム・ウォン社⻑に国際プロトコールの役員研修を実施いたしました。

国際教養プロトコール学院-ICPAは、世界の⼀流プロトコールエグゼクティブ団体であるLeading Etiquette and Protocol Schools of the Worldより⽇本で唯⼀、専属国際認定を受け、元英国王室関係者創業団体とも提携し、⼀流を⽬指すグローバルリーダーが身に着けるべき国際プロトコールをはじめ、新しいかたちでグローバルスキルの教授、指導を展開いたしております。

今回の研修でいただきました受講者様の感想

  • 超⼀流を⽬指すグローバル展開企業には絶対必須と思いました
  • 企業役員レベルであれば身に着けておくべきマストスキルと感じました
  • 現在のグローバル社会において⽇本と世界の違いを理解し相手に合わせた相応しい振る舞いや考え⽅をするうえで必要と理解しました
  • 必要なのは「やり⽅」よりもむしろ根拠で知識は経験により⾝に着くこともわかりました
  • マレーシアの⾸相やタイのロイヤルファミリーと接する機会があり、その際、どう振る舞うべきか迷いがあったことと、企業として外交する際に何も知らないということが命取りになると思いました
  • これから中国と事業を展開するうえで国際⽔準の振る舞いや知識、思考を持つことが最重要と確信しました

ビデオインタビュー(英語字幕)

今回はこの国際プロトコール役員研修について説明します。

―どのように始まり

―どのような内容で

―どのような成果をもたらしたのか

お問い合わせ

当初、⼀般向けのオンライン⾯談にお申し込みをいただきました。

⼀般向けのオンライン⾯談にお申し込みをいただきましたが、⼤企業様の将来に関わることと察知し、即座にご提案資料を作成、持参のうえ、お約束の日時に訪問させていただきました。

アンセム・ウォン社長はグローバルリーダーとしてご活躍されているだけあり、受講⽬的やご希望が明確でした。話も弾み一時間でミーティングは終了しました。

今回は日程が迫ってきていた豊⽥様の中国出張に間に合わせることができるよう、出国前にタイトな日程でのイレギュラーな特別研修でご提案をさせていただき、翌日には早速、契約の運びとなりました。

このように異文化プロトコールアカデミー・ジャパン (ICPA)-ICPAでは受講目的とご要望、スピードに合わせ、柔軟かつしなやかに研修日程等を調整させていただいております。

研修の準備

今回は豊⽥様の中国出張出発前に間に合わせたいというお気持ちを優先し、通常一カ⽉はいただいております準備期間もXNUMX週間に短縮し、そのほかの予定を調整して対応いたしました。

研修時間

異文化プロトコールアカデミー・ジャパン (ICPA)-ICPAの役員研修・企業研修は15時間、30時間、60時間のコースを基本としております。

研修内容

研修前打ち合わせで、ご依頼主企業様の受講⽬的をじっくり伺って検証したうえで、下記のようにさまざまなトピックから厳選し、組み合わせて研修内容を決定させていただいております。

・国際プロトコール基礎
・プロトコールの重要性
・⽴ち振る舞い(撮影)
・ドレスコード
・グローバルマナー・プロトコール
・ゲストマナー基礎
・ボディランゲージ基礎
・テーブルマナーフルコース(撮影)
・イメージ
・着こなし
・国賓接待基礎"

研修1⽇⽬ 国際プロトコール基礎

企業の⽬的を叶えるためのスタート

『不可能を可能にする。企業と個⼈の未来を変えます。』

今回の国際プロトコール研修は、この⾔葉から始まりました。以下、当該研修における講師(村田学院長)の発言をそのまま抜粋してお届けしていきます。

―――

知っているという思い込みは危険です。何も学べなくなるからです。知らないと気づいたときが重要なのです。

実際に⾃分が思っているよりも知らないものです。それは当校の試験をお受けになれば、⼀⽬瞭然です。受講者でいちばん学べない⼈は⾒栄を張って知っているふりをされる方です。

企業の役員クラスであれば「学ばなくても⾃分は知っていて当然だ」と過信せず、「⾃分には知らないことがある」と高らかに⾔える賢さを持つことも、重要な「品性」「教養」であり、振る舞いなのです。

グローバルマナーやプロトコールのクラスでは国際教養のみならず、考え⽅を理解するために古代の名⾔も学びます。古代の3⼤学者から学ぶ『学び』は偉⼤です。

最も賢い⼈は「⾃分は何も知らない」と⾔います。ソクラテスです。愚かな⼈は「⾃分はなんでも知っている」と⾔います。多くの現代の⽇本⼈です。

そのなかでこの研修を受講すると決められただけでも⼀歩前に進まれたということなのでしょう。⼈間の価値は表向きのステータスだけでは決まらないのです。振る舞いこそが命です。

企業研修は企業の⽬的を果たすために、存在します。何かを変えたいから、⼤切な時間を費やして研修に臨まれます。受講者がどの程度、それを『⾃分事』で理解しているか、また⽬的を共有できているかが成功の鍵となります。

時間は命です。お⾦ではありません。みなさんは貴重な命を削ってここに座られています。

―――

このように受講⽣⼀⼈ひとりが

企業だけではなく、⾃分の⼈⽣をどう変えていくか

その⼤切さをご指導いたしました。

脳科学、⼈がモノを購入するときの感情なども含めての講義です。

―――

国際プロトコールは、単なるマナーレッスンではありません。企業という組織をつなげる重要なネットワークマネジメントです。コンピュータ⽤語「プロトコール」と同義です。国際プロトコールは、ネットワーク形成に必須のツールなのです。

―――

研修XNUMX~XNUMX⽇⽬ 国際プロトコール・教養・ビジネス

⽇本と⼤陸の歴史から⾒る⽂化構造の違いをはじめ、国際プロトコールの挨拶・紹介・握⼿の仕⽅、なぜこうなるのか、座る位置、それに伴う⼼理学、脳科学など学問的な指導を行いました。

またテーブルマナーではドレスアップ(正装)で臨んでいただきました。

―――

外交やビジネスではテーブルマナーにも駆け引きが欠かせません。振る舞い⽅だけではなくそこにビジネスや外交の駆け引きが存在するのです。⾷事の席こそ相⼿を⾒極め、⾃分を表現し関係性を深める絶好のタイミングです。

また食事の席でのビジネスは⼤陸の方々は慣れているため、その席では感情で動く⽇本⽂化は通⽤しないと思われておいたほうがいいでしょう。

―――

そのような話も含めつつイギリス、フランス、⼤陸、アメリカにおけるテーブルマナーを教授いたしました。

⽇に⽇に変化されたご参加者の方々

受講初⽇と最終⽇で比較すると、雰囲気や⾔動がガラッと変わりました。その違いは一目瞭然で、受講後のご様子は上の動画でもご確認いただけます。

このように振る舞い・考え⽅・服装などへの理解という⽬に⾒えないもの、さまざまな知識を⾝につけること、知識だけではなく実践へつなげるためのテクニック。これらがいかに⼤切かをご実感いただけたようです。

  • 実際の研修風景
  • 村田セシリア真理ICPA学院長
  • アンセム・ウォン氏

研修終了後フィードバック

中国出張で活かされた国際プロトコール

中国出張で活かされた国際プロトコール

「中国からご報告いたします!」

修了後、必要最低限の⼩物などを揃えられ、中国へ旅⽴たれたお二人。到着後、中国政府からお迎えがあり、花⽕・コンサート・獅⼦舞と⼀流の歓迎を受けた旨のご報告をビデオ通話でいただきました。

エグゼクティブとしての振る舞いや服装、⼿の位置や挨拶⽅法など、ところどころで「何故これをするのか」を明確に理解され、実践されたとのことでした。

中国で⼤歓迎されたというお話を伺い、やはり流⽯と思いました。今回の学びを活かされ、超⼀流グローバル企業へと発展し、ご活躍の場を広げていかれ、さらなる⼤成功を収めるであろうと確信しました。

継続は力なり

国際プロトコールは一度学べば身に着く。そのような生易しい学問ではありません。どの学びにもいえることですが継続しないと、すぐに忘れ、元に戻るものです。

豊田様方には今後も学び続けていただきたいです。元に戻ったと感じたらそれは学びが⾜りないという証拠でもあります。習慣化し定着するのにやはりXNUMX年はかかります。

本やネットの情報は頼りになりません。

人々は、本やインターネットからエチケットやプロトコールについて学ぼうとします。

しかしながらその方法ですとどうしてもご自身で要・不要の取捨選択判断をしてしまい、本当に学ぶべき背景や意味合いにたどり着けず、それをどうして学ぶのかを理解するまでに至りません。それでは到底、⾝に着くわけなどなく、⾃信にもつながらないのです。

これまでにいただいた参加者の声

村⽥先⽣の指導がなければ、ここまでできませんでした!

ほかの先⽣と全然違う!本気で⾃分を変えてくれる先⽣だ!

まとめ

企業トップ、役員、幹部候補の方々にとって『本物で在る』ことはとても重要です。

それを改めて実感できるのが異文化プロトコールアカデミー・ジャパン (ICPA)-ICPAの研修であり、企業役員様に必須の知識、教養、技術が学べます。

異文化プロトコールアカデミー・ジャパン (ICPA)-ICPAでは国内はもちろん海外においてもグローバルコミュニケーションの企業研修・講師養成・個⼈指導を実施いたしております。

また面談・体験いただけるコースもご用意しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせいただければと思います。

国際プロトコールにご興味、ご関心を示された企業様、個人みなさまからのご連絡を心よりお待ちしております。

ICPAの企業研修

contact@icpa-in.com

情報請求フォーム
必要な情報を入手するには、提供されている申請フォームにご記入の上、ご提出ください。1営業日以内に回答するよう努めております。この期間内に返信がない場合は、以下の手順をお試しください: 迷惑メールフォルダをご確認ください。当社からの返信が誤って振り分けられている可能性があります。 お使いのメールシステムで、contact@icpa-in.comからのメッセージを受信できるよう設定されているかご確認ください。 上記をご確認いただいても返信が届かない場合は、contact@icpa-in.comまで直接お問い合わせください。迅速に対応させていただきます。
ご興味のあるサービスをすべてお選びください。

日本インターカルチュラル・プロトコール・アカデミーの詳細をご覧ください

今すぐ購読して読み続け、完全なアーカイブにアクセスしてください。

続きを読む

登録する