成功するグローバルコミュニケーションに必要なスキル・期間・費用

グローバル化が進むにつれ、英語はもちろん、それ以上のスキルが必要だと気づく人も増えてきている事でしょうか?では、それらを学ぶために何が必要で、どのくらいの期間と費用が必要なのかを見て行きましょう。

このスキルで、「グローバルスキルがある」と認められ、仕事などでも役立てていけるでしょうから、非常に有効な投資とも言えます。

グローバルスキルに必要な事

グローバルスキルに必要な事は何かを簡単にリストアップすると、以下のようなスキルが最低限必要となります。

  1. 英語:読み書き、スピーキングリスニング全て 文法は絶対的に必要です。文法ができているかできていないか、話し方書き方はどうかで、信頼度が決まります。
  2. 考え方と供え方:仕事に対しての考え方と体制がグローバルである必要があります。広い目線と理論的な考え方です。
  3. やり方:マネジメントにはやり方がります。これにはマニュアルがあり、世界のグローバルリーダーはこれらを高校や大学で学んでいます。
  4. 国際教養:国際的な教養は、直接印象に結びつきます。

現在の日本は、英語のみに力を入れていますが、英語はあくまでも「ツール」であり、英語ができてもそれがグローバルスキルに直結しないことは、ネイティブの人々が、3つ目のスキルをわざわざ学ばなければならない事からも、英語以上の必要性が明らかです。


1: 英語学習投資期間と費用

米国国務省の機関FSIの調査によれば 、日本人一人が英語学習に必要な時間は3,000時間と言われています。単純計算で、1時間を1万円とすると、3,000万円をかけてようやくなんとか仕事で使える英語に辿り着きます。

中学校高校で1,000時間を勉強したとしても残りは2,000時間。2,000時間とは何年でしょうか?

週1回1時間レッスンに通ったとします。月4時間、年で48時間で、2,000時間を48で割ると41年間です。41年間も英会話スクールに通わなくてはいけないのです。それを倍にしても20年間です。

けれども、実際には、しっかりと正しい勉強法をしていれば、語学取得時期を超えても、一年でそれなりに使えるようになる事も不可能ではありません。その為には、「正しい勉強法」に従う事が必要で、やたらとネイティブの講義を受けても、上達までの時間が延びるまでに留まります。(このお話は別の記事にて)

例えば、当校でも、週に2回90分レッスンで、1,2年(96-192レッスン) 受ければ、それなりの効果が得られます。

1年100万円程度

2: 考え方の身につけ方

考え方は、本人はどうしようとしても変えられないものです。見えている視界が変わらなければ、考え方を変えることは不可能だからです。

それには、正しい場所へ導いてくれる「コーチ」が必要です。講師でも、「コーチング」をしてくれる講師がいます。もちろん私も行っています。

ここで大切なことは、考え方は自分で身につけられるものではない、と知っておく事です。

グローバル人に向いた考え方を取得する必要があります。

これは、クロスカルチャートレーニングに基づきます。考え方は、一回聞いて納得して変わるものと、何度も聞いてようやく理解できるものと、いつまでも納得いかないものがあります。

その為、かかる期間は人によりますが、1年くらいしっかりと学べば身につくでしょう。費用も、英語と同様くらいと考えると良いでしょう。

1年100万円程度

3: スキルを身につけるには

意外と、探そうとしても方法は見つからないかもしれませんが、トレーニング自体は沢山存在します。

大切な事は、一貫性を保つ事です。色々な人に色々な事を学ぶ事よりも、一つのコンセプトのもとで学んだ方が、時間が短縮できます。

それぞれ、マネジメントスキル、リーダーシップスキル、パブリックスピーキングなど、スキル講座があるので、知らないものは、とれるだけ取ると良いでしょう。

これらは、スキルを学んでからは練習あるのみですので、講座自体は、単発が多くあります。数ヶ月と言ったところでしょう。

費用も、数ヶ月でも高価な場合が多い為、やはり、上記と同様くらい、と考えられます。

1年100万円程度

4: 国際教養を学ぶ

国際教養とは、国際的な教養ですが、そこには、マナーや会話術、行動などが含まれます。グローバルで認められるスキルには必須で、国際教養あってこそのグローバルリーダースキルですから、必ず必須のスキルとなります。

これは簡単に思えますが、習わなければ絶対に身につけることは不可能なものです。何故ならば、その意味するものは国により異なるからです。

一朝一夕では身に付かず、集中的な学びだと中途半端に終わりがちになります。最低でも、1年はかかると考えると良いでしょう。また、これは永遠に終わらない学びとなり、身につければ身につけるほど、並行して信頼度が得られるものですので、英語と並行しての学びが最適です。

最初の一年で、1年100万円程度と考えると良いでしょう。

1年の投資で日本人が超えられない大きな壁を乗り越える

一年に何百万もかかると考えると、高額と思えるかもしれません。

けれども、それで、「一生役立つスキル」というお金や時間では買えないスキルが得られるのです。

黙っていても得る事はできません。

日本の文化は非常に独特です。それは非常に良いことであります。それは外国でも認められる長所です。けれども、日本の良いところで決定的に国際的には短所になる特徴があります。

  • 控えめが良いとされる
  • 動きが少ないが良いとされる
  • 相手の考えを読む事を求められる
  • 空気を読む

これらの長所が、国際的には短所となってしまいます。

けれども、上記の事を身につければ、どちらのスキルも兼ね備える事ができ、

世界的にも「最強な」ハイスキルを得る事ができるのです。

ワンランク上の人となり、人から注目され、お給料まで上がります。英語ももちろん大切。でも、まるで英語が話せるかのように振る舞える素敵な自分になれるのが、この国際教養なのですね。

気になる方は、メール登録からしてみてくださいね。前向きな方は、毎週の説明会への申し込みがおすすめです。

〜学びは感動〜 人生の豊かさは 「誰に出会い、何を学び 、何を経験したか」 皆で学んで学んで みんなで感動していこう ICPA 学院長

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください