できるリーダーの条件 グローバルパーソンに必須のスキル

中には、「リーダー」を目指して学ばれている方もいらっしゃいますよね。
そこで、今日は、良いリーダーの条件についてお話しします。

 

  • 良いリーダーは、自ら動かない
  • 良いリーダーは、やらせてばかりではない
  • 良いリーダーは、指示するだけではない
  • 良いリーダーは、下の下の文句を聞かない

 

先日お送りした、メルマガの内容が人気でしたので、そのまま載せます。

良いリーダーの条件としては、自分で動く人も、指示しかしない人も、やらせてばかりなのも、はいはいいうこと聞くのも、ぜーんぶNGです。

色々と経験のある私ですが、前職では、外資系企業マネジメントポジションで成績がトップでした。それも、最後の半年間は、殆ど、実際の仕事はせず(実際一日3時間くらい)に、成績を右上がりにしていました。

この話は、秘密だったので、誰にもした事はありませんでしたので、同僚は、「一体何をしているのか?」と驚いたものでした。

私は、「特に何もしていません。チームが良いから」とだけ答えていました。

実は、その「チームが良いから」に答えがありました。

私が、最後に勤めたその支店は本社でしたが、特にそれまでの10年間、成績がビリの支店でした。私が異動してきた時、「やっぱりね」と思いました。

とにかく、全てがダメでした。

 

  • 雰囲気が悪い
  • チームが小さいのに仲が悪い・意識も最悪
  • 裏が汚い・散らかっている
  • 古臭い

マネジメントのクリエイティビティはなく、昔のやり方であり、管理は整理されても、「プラスになる要素がない」そんな状態でした。

「なんでこんな拠点をやらなくてはいけないんだ・・」と思ったくらいです。

さて、私が始めにした事は、、、

何と「お掃除」です。

実際に何をしたかのストーリーは、また次回にお話しいたします。

半年後、その拠点は、前代未聞の成績を出しました。

売り上げ50%以下であった実績を、75%以上まで引き上げ、更に、100%を目指し右上がりを保ち、企業が欲した、外資系企業を9割としました。

95% の実績を出してから、その企業は辞め、起業しました。(私がやめた後、、そのお話はまた今度)その拠点は、私が生き返らせた拠点でした。

 

良いリーダーは、席に座っているだけで、結果が出せる上司でなければなりません。

「リーダー=Leader」この意味を知っていますか?

「先導者」そうですね。

先導者ですが、、、この意味を履き違えているリーダーが非常に多いです。

 

先導:先に立って導くこと = 導くこと

リーダーは、先を歩くことではないのです。

先に立って、止まって、チームが歩くのを誘導するのが役割です。
しかも、見ているだけでも指示をするだけでもありません。彼らが、喜んでできるように導くのです。

良いリーダーは

 

  • スキルと教養を身につけている  他・・・・・
  • 決断が早い (軸があるため)
  • 一方的な指示をしない
  • やり方を見せる
  • やらせてあげる (「やらせる」でも、「やってもらう」でもありません。彼らは「やりたい」のです)
  • 陰から見守る
  • いざという時に助言する 必要ならば少し助ける
  • 自分が主役にならない・チームを主役にする
  • だからと言って、わがままを聞かない
  • 直下の部下を信頼する
  • 下の下の言う事を鵜呑みにしない・直接指示をしない (直下の部下の役目を取らない)
  • トラブルに対して焦りを見せない
  • 冷静であり情熱的である

部下を育てて、やらせてあげる。良いチームワークを作り評価をする。部下にスポットライトを浴びさせてあげる」

「暇だな〜」と思えるくらい、部下が仕事をするようになった時、「成功した上司」となれ、次のステップへ進む事ができるでしょう。


Happy learning!

ICPA学院長
村田 セシリア 真理

ニュースレターの登録で貴重な情報ゲット!

    フォームが送れない場合には、お手数ですが、以下までご連絡をお願いいたします。
    contact@icpa-in.com

    〜学びは感動〜 人生の豊かさは 「誰に出会い、何を学び 、何を経験したか」 皆で学んで学んで みんなで感動していこう ICPA 学院長

    コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください