国際マナーとはソフトスキルであり、非常に重要な国際コミュニケーションの技術である 

“People are the key to success.”

「本当にこれは良いことだったのだろうか?」「正しいことをしたのだろうか?」

英語が話せる場合、コミュニケーションにおいて、こんなふうに考えた事はありませんか?

もし、そんな経験があれば、その不安な気持ちは、この学びでなくなります国際マナーとは、単に、自己満足の配慮ではなく、「相手の感情を理解し、尊重し、お互いにスムーズなコミュニケーションをこなす」為の技術です。全ての行いは、「人」が全てです。その「人を大切にする行為」をれを実行するために、この国際マナーは、国際交流で必須のわざとなります。

ただ、「敷居が高い」と思われる事も多いようです。

ところが、日本人は、早いうちから道徳やマナーを学び、生活に生かしている人種です。「国際マナーが敷居が高い」と感じるのは、単に、国際コミュニケーションに自信が持てないだけであり、実際には、マスターしてしまえば、とても気持ちよく、自分にも自信がもて、毎日が豊かになるものです。

国際マナーとは、ソフトスキルである

ハードスキルとソフトスキルの違いは、テクニックか振る舞いや心か、という違いです。

世の中では、「思いやりなんて」「礼儀なんて」「優しさなんて」大人になったら関係ない。というような残念な考え方もあり、特にはビジネスの状況において、「そんなものは、ビジネス上不要だ、弱くなり戦えない」そんな認識もあることでしょう。

ところが、近代世界で注目されているこの「ソフトスキル」こそが、ビジネスを発展させる。と様々な研究でも証明されています。その一つが、ハーバード大学などでも証明されている、コミュニケーションの本質です。

“85% of success depends on social skills.”

ソーシャルスキルとは、いわゆる国際マナーを基礎とした「振る舞い方」であり、人との関係性を作り上げるスキルになります。

国際マナーとは、他国、他者を理解し尊重すること

世界には、180カ国以上の国があり、それ以上の文化が存在します。文化は人が作りました。人が社会を作り、互いにコミュニケーションをとり、「常識」を作り、人は、それを守る事で、互いへの尊重を表現し、他者を傷つけない、優しく、自分も尊重し、自分と相手の幸福や利益を生み出しながら、「一緒に」生きています。

一見、簡単そうに見える、この「配慮」。自分の国の常識で考えれば、相手にとってはとんでもない礼儀知らずのことがある事は当然であり、実際に、あなたは既に、そんな経験をした事がある事でしょう。

国際マナーをマスターした人は好かれる

当然のことながら、礼儀があり他者を尊重する人は好かれます。国際マナーをマスターすると、どの国でも人に好かれ、上手くやっていくことができるようになります。

国際マナーとは、「人に迷惑をかけない為」というよりもむしろ、自分を上手に表現し、周りの人に好かれ、スムーズな関係性を維持する事で、周りと自分を幸福にする技であります。

語れる語学力と日本への理解

当然ながら、語学力もも必要となります。「言葉」というテクニックと「国際マナー」というソフトスキルをうまく両方とも利用する事で、最高の国際スキル、となるのです。

〜学びは感動〜 人生の豊かさは 「誰に出会い、何を学び 、何を経験したか」 皆で学んで学んで みんなで感動していこう ICPA 学院長

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください