専門家の研究に基づく、重要な場面で日本語より英語を使用した方がよい理由。 異文化間コミュニケーション

ここでは、異文化コミュニケーションの異文化理解理論、言語学、礼儀作法、プロトコールのスペシャリストとして、どうして、日本語よりも、英語の方がコミュニケーションに問題が起きないかと言うステートメントを立てているかを、大学教授の学術論文を解読し、ご説明いたします。

実はこの発言は、英語がいかに有用で、世界の共通語としてふさわしいか、日本語の性質をもっと知り、上手に使うことで円滑なコミュニケーションにつながることを示した発言です。さまざまな状況で。 これは、日本人とコミュニケーションを取りたい海外の人々、特に英語を母国語とする人々にとって、非常に有益で有益な事実です。

日本語の文化と構造

日本人に対する誤解は日本人の思いやりから生じる

他の言語学習者と同じように、言語を学ぶ人は、その言語に文化があることを本当に理解することなく、その「形式」だけを学ぼうとします。 ただし、言語には文化があることを認識することが重要です。 以下は、英語と日本語の文化の違いについての説明です。

日本人の「感じる」コミュニケーション術「人の本心を読む」

多くの場合、日本人は社会的またはビジネス上の礼儀として、「了解しました」または「検討します」と返答します。 本来の意味は「同意」の場合もあれば「不一致」の場合もあります。 実際、日本人同士でもその場で決断することはほとんど不可能です。 したがって、そのような決定を下すことができると主張する外国人は、しばしば誤解されます。 本当の問題は、「解読」への「ラッシュ」であり、多くの前向きな機会を奪っています。

日本人は時間をかけて信頼を築き、争いを避ける

逆に、すぐに反応すると「怠惰」、「大ざっぱ」、「深刻ではない」、または「疑わしい」と思われるかもしれないという懸念から、「今は取り返す」ことも日本人の礼儀の一部です。 「すぐに返事をくれませんか」と言うと、「礼儀のない無礼な人」に相当する「不平屋」や、一度「承認」されたプロジェクトと判断される可能性があります。すぐに「拒否」される可能性があります。 日本人はフレンドリーに見えるかもしれませんが、厳しい面もあり、融通がきかない面もあります。

日本語は感情的な言語であり、言葉の裏を読む必要があると想定されている言語

日本語は、感情的な言語で、言葉そのものには、直接的で合理的にではありません。これは、日本が10,000万年前からずっと大切にしている、「非言語言語」の文化とその精神が関係しています。

日本人の私達でさえ、日本語での日本人とのやりとりを、時々難しいと感じます。特には、出身地方が異なると、感覚が異なるので、意味が全く異なる場合があります。ですから、日本語には、関東語=標準語という共通語が設定され、日本人同士が互いに誤解のない様に、ビジネスでは、この言葉を話す事を求められます。これは正に、英語が世界共通語とされている事と、似ている事なのです。

日本語を使う上で本当に大切なのは、あなたが、どれだけ、その人の言葉の「裏側」を理解できるかの能力なのです。これは、言語を学ぶだけでは、取得は不可能な文化理解の部類になります。

英語の文化と構成

直接的な英語 vs 間接的な日本語

一方、多くのローコンテクスト文化の言語である英語は、もともと外交のために作られた理論的で合理的な言語であり、スラングや紛らわしい言葉を敢えて使わなければ誰でも理解できる便利で論理的な言語です。

英文法vs日本語文法

文法的な局面で言えば、SV(主語+動詞)、SVC(主語+動詞+補語)、SVO(主語+動詞+目的語)、SVOO(主語+動詞+目的語+補語)と、英語の文法構造を埋めていけば、英語が成立するわけです。また、例えば、do, be ~ ing, will だけで、現在なのか未来なのかがわかりますが、日本語では、現在でも未来でも、時には過去でも、全く同じ動詞の形を使っていることがあります。動詞そのものが全く使われないこともしばしばあります。日本語の文型は往々にして文法的に正しいものとは正反対であることが多く、これらの表現はフォーマルな場面でも使用さ れます。英語と全く同じ順番で話されることも少なくありません。主語、動詞、目的語のいずれか一つしか出てこないのが普通なので、日本人同士でも何を意図しているのか不明なことがありますが、それはむしろ普通で、お互いに確認しあうことでコミュニケーションが発展していきます。

英語は、非常にはっきりとメッセージがわかるので、とても便利なのです。日本人も、直接的な回答をする事を「すごく難しい」と感じていても、英語となれば、しっかり答えようと努力します。

敬語の重要度の違い

敬語は英語にも存在しますが、日本語の敬語とは異なり、追加の序文、語句、語彙の形で使用されます。 使い方を間違えたとしても、相手にとっては少し「無礼」になるかもしれませんが、個人的に気分を害するほどではありません。 間違いの理由を謝罪したり説明したりすることで、問題が解決することがよくあります。 (もちろん、ネイティブ スピーカー以外はこの機会を逃す可能性がありますが、それでも動揺することはまずありません)。

英語は世界標準語にふさわしい

英語がリンガ フランカとして適している理由の XNUMX つは、日本が母国で非言語的なコミュニケーションしか行っていなかった頃、英語のルーツである異なる言語やラテン語を使用する大陸諸国は、古代から他国を行き来しなければならなかったことです。 、そして彼らの外交を成功させるためには、「コミュニケーションを欠かさない」ことが不可欠でした。

感情言語日本語の歴史

日本語は感傷的であり、日本人は感情を非常に重視する

日本語が感情的であるという事実を認識していない場合、日本語に対して感情的な問題が発生します。 多くの外国人は、「そんなことない。感情的な日本人を知らない」と思うかもしれません。 日本人は自分の気持ちを率直に表さないことが多い。 これも日本ならではの礼儀と外交の技です。

日本語の漢字、カタカナ、ひらがな、語順

日本語は、中国から輸入された漢字を除いて、ひらがなとカタカナを併用する言語です。 大和朝廷の時代(3世紀半ば)までに、漢字の音読みとくん読みの両方が並行して使用されました. 日本書紀は漢字の読み方で書かれ、古事記は日本語の読み方で書かれました。 訓読みは漢文の日本語訳としてだけでなく、日本古来の言葉であるヤマト語として知られる日本人の日常語でも使われていました。

したがって、日本語を読んで理解する能力は、日本人とのコミュニケーションにおいて非常に重要です。

参考:file:///Users/muratamari/Downloads/kyoyo92_tanaka_osa.pdf

日本語は「聞く」「話す」よりも「読む」ことにあり

西洋人はメッセージを伝えることを非常に重視

これが英語との大きな違いであり、多くの外国人にとって誤解のポイントとなっています。

日本人はメッセージを受け取ることを非常に重視

日本人は話すことよりも「聞く」ことを重視し、自分で話すよりも聞くことを好みます。 彼らはまた、特に「読むこと」が得意で、非常に静かなコミュニケーターです。 時には彼らは無言でコミュニケーションをとりますが、多くの場合、たった XNUMX つか XNUMX つの言葉でお互いを理解します。

重要な会話は英語で行うと誤解が生じにくい

上記の理由だけでは十分ではありませんが、これらの理由のいくつかにより、重要な事項について双方が英語を話す場合は、英語を使用する方が信頼性が高くなります。 他の言語も受け入れられますが、英語はリンガ フランカであり、非常に明確で組織的で理論的な構造を持っているため、グローバル コミュニケーションに適しています。 もちろん、相手も英語が話せることが前提です。

ニュースレター登録

ニュースレター登録

LINE
エラー: 警告: コンテンツの選択は無効です!!
%d このようなブロガー: