カラーの心理的効果で有利な行動を取れる

カラーは、自分自身の感情や気分だけではなく、相手の心を変える効果がありますので、物事を有利に運ぶ事もできるのです。

最近では、カラー診断、パーソナルカラーなどが流行っていますが、あちらは、あくまでも、一時的な診断であります。肌の色、体調、季節、国、周りの状況、色の質感により、その印象は180度変わるからです。その為、カラー診断はあまりお勧めしておりません。

自分に合う色、というよりも、むしろ、「その色の与える効果」を意識した方が、良い結果に出会えるでしょう。

国際マナーと言っても、その内容は深く、自分の他者へ与える印象や、その効果も学びながら、自分磨きへと役立てます。心理学、 脳科学、思考科学、無言語科学など、の理解は、全て、自分の行動を変え、利益を得る事に繋がります。

項目の中に、着こなしやイメージがありますが、ここで大切な事は、似合う似合わないは勿論、色が与える効果を知っておく事でもあります。

たくさんある色の心理学の中から、今回は、赤、青、黄色に絞ります。

色の心理的効果

色には思わぬ心理的効果が関わります。何色を身につけるかで、見る相手の心理を大きく変えることとなりますので、状況によって、この技を使うと、より物事を有利に運ぶ事ができます。

当校のカラーは、紫よりの青です。

青は、信頼、誠実、堅実を表し、落ち着いた色です。紫は、高貴、威厳、などを表します。

当校が受けたい印象は

  • 信頼感があり
  • 真面目な学びであり
  • 落ち着いた印象があり
  • エレガントであり
  • 高貴であり
  • 威厳がある

ですので、この色に指定されています。

当校の専属提携の協会、「国際プロトコール認定協会」は、黒に近いネイビーです。

ネイビーは、紫より青とは異なり、より、硬い印象を与えます。

この協会の印象は

  • フォーマルである
  • 厳格である
  • 信頼性がある

ですから、この色に指定されています。

当校の付属文化アカデミー、社交ダンスの「The Elegance Academy」は、赤寄りのロイヤルパープルです。

高貴な紫は、高貴なエレガンスを表し、赤寄りにすると、遊び心が出ます。その付属のSocial Clubは、孔雀のモチーフとともにロイヤルパープルです。高貴、威厳、王 を表します。

これらのイメージ作戦は大成功し、それをも求める人が、それぞれの場所にやってきます。

それでは、もっと細かく、色の効果を見ていきましょう。

色が与える心理的効果

赤は、激しい気持ちを表します。最も強い感情を表し、また、矛盾した色とも言えます。

警告・危険:人の目を即座にひく色です。サイレンや警告標識、信号機などが赤である理由です。

興奮とエネルギー:赤は刺激的な色で「興奮」にも関連します。赤を身に付けただけで、身体的に興奮状態となる場合が多く、エネルギーを発します。レストランは、赤の色を入れると、繁盛します。

侵略・攻撃:赤は、怒りの概念もあり、血の色なので、攻撃や侵略の印象を付けます。

勝利と支配:赤を身につけると勝利をする確率が上がります。オリンピック競技でも、それが証明されます。

情熱・欲望・愛:女性は赤を身につけると、「セクシー」に見えます。情熱と愛に包まれる色です。男性は、上記の効果で強く見える効果があります。

青は、穏やかで自然な安心感と共に、冷たさも表します。男性に特に好まれ、長い事使用されてきた意味合いから、脅威のない安心の色、静かで安全で、平和や秩序、信頼を表します。悲しみやよそよそしさを表現することもあります。

青い色は、生産性を上げるので、ビジネス状況でよく使用されます。

最も食欲をそそったり、脈拍や体温を下げたりという効果もあります。

誠実:海や水、空、眠りなど、青の効果は「誠実」を表します。心地よく、天国にいるような気持ちになります。

穏やか:緊張を時、リラックスさせます。安全という印象から穏やかな感情にさせます。

深い青は強烈:しかし、青が深くなると強烈さを表し、水が海が怒るように、猛烈なエレルギーを発散し、強さと感情を表します。

強い落ち着き:反射的な青い空のような印象です。

ロイヤルブルーなどの強い青を、テレビ画面などで着る事は、注目され、お勧めです。

黄色

黄色は、よく目を引くので、明るく強い感情を表します。使い過ぎると疲れさせてしまいます。道路標識などもに黄色が使われるのは、目を引くからです。けれども、反射して読みにくいので、単独文字には適しません。

エネルギーを発散し循環を良くします。また、欲求不満や怒りの感情を引き起こす場合があります。黄色い部屋では、気性を失う事があります。

陽気で暖かい印象でもありkます。

元気の色:黄色は高いエネルギーの色です。目を引くので、商品開発で使われたりします。新鮮で、強烈で、圧倒的という印象と、少々生意気で力強い印象も受ける事があります。元気が欲しい時に身につけると元気になります。

攻撃的:使い方により、黄色のエネルギーが攻撃的に変わる事があります。黄色に囲まれていると、多くの人がイライラを感じたり、怒りを感じます。欲求不満の感情になり事件が増えます。

複雑:良い影響と悪い影響がある複雑な色です。誰もが同じ影響を受けるわけではありません。明るく陽気、と感じる場合もあれば、不愉快と感じる場合もあります。暖かさと関連づける人もいれば、嫌な危険な思い出と関連づける人もいます。

明るさ、光、活力、エネルギー、楽観主義、成長と輝きへの意欲:ひまわりのような効果があります。

身につける色によって自分自身と相手の心理をコントロール

このように、色には、沢山の効果があります。

自分自身の感情や気分だけではなく、相手の心を変える効果がありますので、物事を有利に運ぶ事もできるのです。

似合う似合わないが、時と場合によって変わるのも、単に視覚だけの問題ではない事がわかるでしょう。

また、一つの色にも、無数の色が隠れているので、たとえば、オレンジ寄りの赤なのか、青寄りの赤(紫)なのか、によって、印象が異なったり、生地によって発色が異なる事も考慮する必要が出てきます。

ICPAの国際教養・マナープログラムでは、このような心理学に基づいた学習ができるので、理論的に振る舞う事ができるのですね。目的に合わせて色選びをしてみましょう。

 

友だち追加

ニュースレター登録で特別情報をゲットしよう!

Share:

More Posts

Send Us A Message

友だち追加

ニュースレター登録

ニュースレターご登録で料金表と割引クーポンコードをお受け取りください。毎日の学びに役立つ記事や有料情報や無料資料を無料でお受け取り!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。