行動科学人間学根拠に基づいたICPAの国際プロトコール指導法が効果的な3つの観点

大手の役員様も「これほどに自分の変化を具体的に感じられる講座はなかった!」

この素晴らしいコメントには、ある秘密があります。ICPAでは、単なる国際マナーやプロトコールの形だけを指導しているのではなく、科学的根拠に基づいて、脳科学や心理学にも基づいた指導をすることで、確実に受講生へ効果を発揮して頂く構成になっています。

多くのプロトコール指導者は、それを知らずに、方法を指導しています。

けれども、それでは、一時期の自己満足で終わってしまい、確実に自分のものとはなかなかなりません。また、間違った認識「これが正しい、あの人が間違っている」という単純評論に繋がり、中身の浅いものとなってしまいます。

今回は、人、組織、文化の3つの観点で、科学的根拠に基づいた国際プロトコールとは、という事をお話をしていきます。

1. 人の行動・思考・感情は科学的根拠で成り立つ

国際プロトコール・国際マナー・クロスカルチャーコミュニケーション・言語 など、ICPAが指導している全ての講座は、「人と人との関わり」を主としています。その「関わりを持ってどうするか」が目的となり、「それを達成する為には・・」が手段となります。

これらの学びは、究極の「人間学」であると言える、という事です。

人は、脳によって動かされています。私たちが普段意識していない、感情、思考、行動が、全て、脳の判断で指示されて行われています。

そして、それらの行動や思考によって、その周りの人達の、思考や行動にも影響する、「脳が脳に影響する」状態を作るという事になります。

ですから、まずは、自分の脳の仕組みを理解し、そこから、自分の感情や行動の傾向、思考の傾向を理解する事で、受講の目的を見出す事ができます。

例えば、人と会う目的が、以下の二つの場合、脳の使い方が異なります。

  • ビジネスミーティングで自分が上になる必要がある:心理学技術で相手よりも優位に立つ手法を使う
  • プライベートのデートで相手との距離を縮める必要がある:心理学的効果で相手により近い距離を感じさせる手法を使う

表情、立つ位置、握手の仕方、声、服装、ボディランゲージなどを、全く異なるものにする必要があります。

もしも、あなたが、何も考えずにこれらを行った場合、目的がぶれ、自分の行動がわからなくなり、混乱し、結果失敗に終わる可能性が大きくなります。

その為、脳科学と心理学は、国際プロトコールを学ぶ上で、また別の学問にも必須となるのです。

2. プロトコールとはネットワーク形成に必須のマネジメントツール

現代では、「プロトコール」という言葉そのものに誤解が生じているようです。これは、国際共通のマナーでもなければ、高貴な人だけが身につけるものでもありません。

人と人のネットワークをつなぐ為の、大切な、綱のような役割をするものであり、また、大きな組織同士が関わる際に使用される、公的なルールでもあります。

国際的には、プロトコールマネジメントは企業の研修にあたりまえに取り入れられていますが、プロトコールマネジメントができている企業とできていない企業では、結果に大きな差が出ている事がよくわかる理由です。

上記の項目で説明した、個々異なる、感情、思考、行動、能力、人生の目的を持った人が集まっている組織にとって、それらの人々に共通した目的意識を持たせる必要があります。

それらの人たちに、統一した目的を浸透させる為に、ルールを守らせるだけではなく、心理的操作を行う必要も出てきます。

研修開始

3. カルチャーマップで異文化コミュニケーションを円滑にする

国際プロトコール・異文化コミュニケーションには、まずは、カルチャーマップを理解する事が必須となります。自国・自分の文化と、他国・他人の文化の地図です。

その地図上で、国から国へと移動する際に、必要となる、行動と思考が理解できるようになり、それに基づいて決められたルールの意図も理解できるようになります。

例で言うと、なぜ、席次が存在し、なぜ、目上の人がその位置にくるか、を考えると、心理学的理由が隠されている事がわかります。

ですから、あらゆる場面で、「自分が優位になるための位置」もわかり、「相手に信頼させる為の位置」もわかってきます。

プロトコールを科学的に学ぶことで、あらゆる場面で役立てる事ができる、という事なのですね。

行動科学と学習科学に基づいたICPAのトレーニング

以下の3つのポイントに注目したトレーニングを行なっています。

行動科学とは、習慣化することです。

人間は、習慣を変える事が苦手な動物です。その事から、学習しても習慣化しない事には、それを実践する事が困難である事が、あらゆる研究でも実証されています。

ですから、ICPAは、「学びを習慣化する。」

という事を強化しています。

  1. 今ある習慣を理解して
  2. 学習習慣を始める

具体的には、例えば、朝起きたら、どこで何をするかを決めて、毎日その行動をとるという事です。それには、「毎日、この場所でこの時間に、この事について考える」などです。

学習科学は、視覚・聴覚→認識→理解に進むステップアップを理解する事と、問題解決にあたってのプロセスを理解する事です。

実は、以下の古代ローマ時代の名言は、単なることわざの例えではない、という事が科学的にわかります。

“Without training, they lacked knowledge.
Without knowledge, they lacked confidence.
Without confidence, they lacked victory.”

Julius Caesar

また、学習の基本は、イオンプットとアウトプットのバランスです。

インプット量の1/3をアウトプットしていく効果、「3歩進んで2歩下がる」ですね。という事は、インプットの量をどんどん増やさずには、アプトプットができない。という事なのです。

目的を持たない学び・鍛錬のない知識はないも同じ

上記の名言の意味を日本語にすると、

鍛錬なしには知識を欠く、知識なしには自信を欠く、自信なしには勝利を欠く

ガイウス・ユリウス・カエサル

これは、知識を身に付けるだけで、練習しなければ、7期がないのも同じ事、知識がなければ、自信は生まれない、その自信がなければ、成功さえ手に入れられない。という意味です。

ですから、ICPAでは、知識・習慣化・実践の3つのステップをこなせるような指導法を行なっているのです。

まず、やるべき事

さあ、では、あなたは今、何をすべきでしょうか?

まずは、自分の学習マップを描く事です。

  • 自分のいる場所
  • 目的地

を描いてみてください。

もしそれで、目的達成の最短距離を見つけたい、または、それを達成するための手段を知り、トレーニングをサポートしてほしい、という事があれば、是非、ICPAにいらしてくださいね。

お問い合わせ・面談予約・ご体験はこちら

EnglishJapanese

4月コース開始!英語個人講座募集中!

ニュースレター登録

友だち追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。