ICPA第1期ホストチームによる大イベントの成果

【スクール日記】 少し前になりますが、ICPAホストチームが8カ月間の努力で積み上げてきた成果を発揮しました! なかなか難しい時期の開催でしたが、大成功し、何もなく無事に終わる事ができ、大きな感動となりました。 ICPAだけの特別企画 ICPAの国際教養講座には、「イベント主催」のセクションがあります。 それは、国際プロトコールに則っており、この「イベント企画」のスキルに、国際スキルの多くの関わりがある為、学習としても非常に大切な要素として含まれています。 机上で学んでも、実際には、簡単には進まないイベント企画ですが、人は、少し会社のイベントに関わった事があったり、チームプロジェクトに関わった事があると、「これは簡単で楽しい」と誤解します。けれども、実際には、既に出来上がっているテンプレートを使ってイベントを企画する事は簡単で、更に、「そこそこ」程度のイベントで良ければ、楽をする事はいくらでもできます。 ですが、本来のイベント目的を考えれば、当然、本格的にしっかり行った方が、ゲストのためにも主催者のためにもなるものです。 イベントの企画に関わると、マルチスキルを向上させる事ができます。そして、準備とは大変なものですから、そんな大変な準備を乗り越えて作り上げた会は、とても特別で、大きな達成感となります。 受講生の成長に大きく関わるプロジェクトなのです。 ICPAグループの会は舞踏晩餐会 「文化と芸術を通した人の繋がりと世界との繋がり」を生み出す会です。 ICPAのグループには、「エレガンスアカデミー」という文化アカデミーがあり、社交ダンスと英国式マナーに特化しています。そこで、ダンスを学んだ生徒が、発表できる場としても、このイベントは存在します。ICPAの受講生は、スピーチや得意な事が活かせたり、学習の成果を発表します。 このイベントは、全てが「完璧」である必要があり、ゲストに全ての感動を届けなくては意味のないイベントでした。 日本で多く行われるイベントの質の低さも気になっておりまして、そういったものとは並ばず、「質の高いもの」を目指しました。 面白いことに、日本では、西洋のものが、ほとんどランク下げないと流行らないメンタリティがあるようで、ほぼ全ての西洋の文化が、日本で質を悪くして伝わっているように思えます。 こういった会も同様で、一般的な会は、ほとんど手抜きであったり、食事も飲み物もイマイチであったりしました。 けれども、そのようですと、いつまでも、国際舞台で上を目指せません。 まずは、「良いものを感覚で体験する事が大切」そう確信し、この企画を始めました。 イベント企画の大航海「チーム作り」 「チームを作る」 これは並大抵のことではありません。特に、「最初のチーム」とは勿論簡単ではありません。 全く別のところから集まった社会人が、心を一つにする「チーム」は、簡単にはできません。それがわかっていたので、私としても「大きな覚悟」が必要でした。最悪の場合、大切な生徒が学習までも辞めることにもなりかねないのですから。 けれども、反対に、それを恐れていては前に進む事もできません。 ですから、私は、そんな「リスク」を抱えながら、「残った人への達成というギフト」の為に、プロジェクトを進めました。…

News Letter

LINE